名産品一覧:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

全て

  • 小浜鯖(お刺身)

    小浜鯖(お刺身)

    【 カテゴリ:海産物 】

     小浜鯖は、小浜市田烏釣姫漁港で、巾着網漁に従事した漁師たちが愛情たっぷりに育てあげた養殖鯖です。  水揚げしてすぐの新鮮な鯖だからこそ味わえる「お刺身」は、青魚独特の臭みがありません。少し歯ごたえのある、脂が程よく乗った身は、繊細で…

  • 若狭ふぐ

    若狭ふぐ

    【 カテゴリ:海産物 】

    若狭の冬の味覚といえば「若狭ふぐ」。  「若狭ふぐ」とは、日本で最北のとらふぐ養殖生産地、若狭湾で育ったとらふぐのことです。  冬の冷たい海で育てられるため、身質が天然にも劣らないと定評があります。  高タン…

  • 小鯛のささ漬け

    小鯛のささ漬け

    【 カテゴリ:伝統料理 】

    小鯛のささ漬けは、小浜を代表する珍味。 7~8センチの小鯛を3枚におろし、うす塩と酢に漬け、ささの葉を添えて、杉の木の香りが漂う小さな樽に詰めて作られます。 製造業者によって味が異なり、素材の持ち味を生かしながら、昆布…

  • 浜焼き鯖

    浜焼き鯖

    【 カテゴリ:伝統料理 】

    傷みやすい鯖は数を数えている間にも腐るといわれるほどで、「サバを読む」のことばの語源ともいわれます。 傷みやすい鯖を新鮮かつ旨味を引き出すために考え出されたのが、鯖街道の起点ならではのグルメ、浜焼き鯖。鯖を開いて串にさして焼きあ…

  • へしこ

    へしこ

    【 カテゴリ:伝統料理 】

    昔から、冬場の保存食として若狭の各家庭で作られてきた「へしこ」。若狭ならではの味です。 冬の積雪、また日本海の荒波に、昔の小型漁船では漁場に出られない日も多かったと思われます。そんなときの貴重な動物性タンパク質だったのでしょう。

  • おばま醤油干

    おばま醤油干

    【 カテゴリ:伝統料理 】

     「おばま醤油干」は、若狭おばま地域に古くから伝わるものです。少なくとも昭和20年代以降から、市民に広く愛され、毎日のように家庭で食べられています。一説には江戸時代には京都に出荷されていたとも言われている若狭おばま独特の食文化です。 …

  • 若狭カキ

    若狭カキ

    【 カテゴリ:海産物 】

    「若狭かき」は、凝縮された甘みとぷりぷりとした食感が特徴で、冬の味覚として人気です。 昭和5年頃から養殖が始まり、現在では、小浜湾で20軒ほどが養殖しています。 初夏の頃より、養殖いかだに本吊りして育てますが、冬の日本…

  • くずまんじゅう

    くずまんじゅう

    【 カテゴリ:伝統料理 】

    初夏の味覚。くずは昔から胃腸に効く漢方薬とされ、夏場の弱った体に最適な食品です。 江戸時代の儒者、頼山陽が「吉野のくずに引けを取らない品質」と絶賛した上中町の熊川くずでこしあんを包んだ、涼味あふれる夏の和菓子。 練って…

  • でっちようかん

    でっちようかん

    【 カテゴリ:伝統料理 】

     控えめで上品な甘味。「水ようかん」は夏の和菓子の代名詞ですが、若狭の「でっちようかん」は冬の和菓子です。  「水ようかん」との違いは、甘みや寒天の量を抑えているところ。保存料は使用しないためいたみやすく、夏場には作らないのが普…

  • 若狭かれい

    若狭かれい

    【 カテゴリ:海産物 】

    暖流と寒流が入り込む若狭湾。そこで捕れるカレイの味は格別です。底引き網漁解禁とともに市場に出回り、産卵が終わる2月半ばまで続けられます。 カレイには35種におよぶ仲間がいますが、若狭湾で捕れるカレイも多種多様。そのうちアマガレイ…

    • ◀ 前のページ 1/2 次のページ ▶
ページトップにもどる